2013/07/30

「うん○に手を突っ込むのは、手を突っ込んだほうが悪い。」

人というのは嫌いな人がいたら、頭の中で裁いたり、文句をいいつづけたり、反論の仕方を唱えつづけたりするものである。それが解決するいい方法と思っているのだが、やっていることはその嫌い人を抱きしめて、キスしつづけて、いやな気分に陥りこんでいることと変わりがない。みずからうん○に手をつっこんでいるわけである。

 嫌いな人がいたら、頭の中からさっさと追い出してしまうこと。その嫌いな人のために、いま、最悪の気分に陥ることは、みずから肥溜めに自分を落とすようなものである。自分が悪いのである。頭の中から葬り去ること。それが嫌いな人のためにいやな気分に陥らないための最善の方法である。

 しかし人は考えることによって解決することが最善の方法だと思っているし、世間もそう教える。したがっていやな人を考えつづけて、考えつづけて、最悪な気分を一日中ひきずりつづけるのである。
— 「うん○に手を突っ込むのは、手を突っ込んだほうが悪い。」 | 考えるための書評集(via itokonnyaku)

2013/07/25

90歳が書いた50の人生訓


「90歳が書いた50の人生訓」というのがなかなか良かった


「ある90歳の人物が書いた【人生から教わった50の教訓】が素晴らしい」と海外でちょっと話題になっていた。個人的にもいくつか「いいな」と感じたものがあったので、その50の教訓を日本語にしてみた。


1. 人生は公平じゃないが、それでも素晴らしい。
Life isn’t fair, but it’s still good.

2. 迷ったら次の小さな一歩をすぐに踏み出してみよう。
When in doubt, just take the next small step.

3. 誰かを憎んでいられるほど人生は長くない。
Life is too short to waste time hating anyone.

4. そんなに深刻にならないで。だれもそんなことしないから。
Don't take yourself so seriously. No one else does.

5. 借金は毎月返そう。
Pay off your credit cards every month.

6. 全ての議論に勝たなくていい。反対意見にも同意しよう。
You don’t have to win every argument. Agree to disagree.

7. 誰かと一緒に泣こう。一人で泣くよりも癒される。
Cry with someone. It’s more healing than crying alone.

8. 神様のことを怒るのもOK。神様は受け止めてくれる。
It’s OK to get angry with God. He can take it.

9. 最初の給料から老後に備えよう。
Save for retirement starting with your first paycheck.

10. チョコレートが来たら、抵抗しても無駄。【無理に我慢するのはやめよう】
When it comes to chocolate, resistance is futile.

11. 過去の自分を許せば、現在の自分をダメにしないで済む。
Make peace with your past so it won’t screw up the present.

12. あなたが泣くのを子供に見せてもいいんだ。
It’s OK to let your children see you cry.

13. 自分の人生を他人と比べるのはやめよう。あなたはその人がどんな人生を歩んできたのか知らないのだから。
Don’t compare your life to others. You have no idea what their journey is all about.

14. 秘密にしなきゃいけない関係なら、関係を切ったほうがいい。
If a relationship has to be a secret, you shouldn’t be in it.

15. 全ての物事は瞬時に変わる。でも心配ない。神は常にまばたきせずに見つめている。
Everything can change in the blink of an eye… But don’t worry; God never blinks.

16. 長くて退屈なパーティーをやってられるほど人生は長くない。精力的に生きよう、でなければ忙しく死ぬだけだ。
Life is too short for long pity parties. Get busy living, or get busy dying.

17. 今日をしっかり生きられるなら、全てを乗り越えられる。
You can get through anything if you stay put in today.

18. ライターは言う。ライターになりたいなら書け、と。
(A writer writes. If you want to be a writer, write.

19. 幸せな子供時代を過ごすことはいつだってできる。でもそれができるかどうかは他でもない、あなた次第だ。
It's never too late to have a happy childhood. But the second one is up to you and no one else

20. 好きなことを追い求めているときは、立ち止まるな。
When it comes to going after what you love in life, don't take no for an answer.

21. 素敵な夜にしよう。特別な時を待とうと思ってはいけない。いつでも今日が特別なんだ。
Burn the candles, use the nice sheets, wear the fancy lingerie. Don't save it for a special occasion. Today is special.

22. 徹底的に準備したら、あとは流れに身を任せよう。
Overprepare, then go with the flow.

23. エキセントリックになろう。紫を着るのは老人になってから、と待つ必要はない。
Be eccentric now. Don't wait for old age to wear purple.

24. セックスで最も重要な器官は脳である。
The most important sex organ is the brain.

25. あなたの幸せの責任は、他の誰にも無い。あなたにしか無いんだ。
No one is in charge of your happiness except you.

26. 災難にあったと思ったらこう考えよう:「5年後に振り返ってみたら、これってそんなに大したことだろうか?」
Frame every so-called disaster with these words: "In five years, will this matter?"

27. いつでも「生きる」という選択肢を選ぼう。
Always choose life.

28. 誰だろうと、何だろうと、許そう。
Forgive everyone everything.

29. 他の人があなたをどう思ってるかなんて関係ない。
What other people think of you is none of your business.

30. 時間はほぼ全てを癒してくれる。時間に時間を与えよう。
Time heals almost everything. Give time time.

31. どんなにいい時も悪いときも、それは変わっていく。
However good or bad a situation is, it will change.

32. 仕事はあなたが病気になったとき面倒を見てくれない。だが友人は違う。常に大事にしよう。
Your job won't take care of you when you are sick. Your friends will. Stay in touch.

33. 奇跡を信じよう。
Believe in miracles.

34. 神様は神様であるがゆえにあなたを愛している。あなたが何をして、何をしなかったとしても関係なく。
God loves you because of who God is, not because of anything you did or didn't do.

35. あなたを殺さないものなら、それが何であろうとあなたを本当に強くしてくれる。【役に立たない経験は無い】
Whatever doesn't kill you really does make you stronger.

36. 歳をとるということは、若くして死ぬという可能性に打ち勝ったということ。
Growing old beats the alternative - dying young.

37. あなたの子供の幼い時は一度しかない。素敵なものにしてあげよう。
Your children get only one childhood. Make it memorable.

38. 聖書を読もう。人間のすべての感情を包んでくれる。
Read the Psalms. They cover every human emotion.

39. 毎日外に出よう。奇跡は至るところで待っている。
Get outside every day. Miracles are waiting everywhere.

40. もし私たちの全ての問題を一つの山にしてみんなで眺めたら、みんな自分の問題だけを持ち帰りたくなるだろう。
If we all threw our problems in a pile and saw everyone else's, we'd grab ours back.

41. 人生を傍観していてはいけない。そこに行き、できるだけのことをやろう。
Don't audit life. Show up and make the most of it now.

42. 役に立たないもの、美しくないもの、楽しくないものを取り除こう。
Get rid of anything that isn't useful, beautiful or joyful.

43. 最後に残るのはあなたが愛し続けたものだ。
All that truly matters in the end is that you loved.

44. 妬みは時間の無駄。あなたはすでに必要なものを全て持っているはずだ。
Envy is a waste of time. You already have all you need.

45. 最高の時はこれからやって来る。【人生は常に楽しみの連続だ】
The best is yet to come.

46. どんな気分かなんて関係ない。起きて服を着てそこに行こう。
No matter how you feel, get up, dress up and show up.

47. 深呼吸しよう。気持ちが落ち着く。
Take a deep breath. It calms the mind.

48. 求めよ、さらば与えられん。
If you don't ask, you don't get.

49. 譲ろう。
Yield.

50. 人生は蝶ネクタイはされてないけど、それでも授かりものなんだ。
Life isn't tied with a bow, but it's still a gift.


以上これが50の人生訓だけど、ここまで書いて調べてみたら、これを書いたRegina Brettという人はどうやら90歳ではなく、現在56歳らしい。
このページでも本人が「人に「あなたは90歳に見えない!」とやたら言われるので、不思議に思った」と語ってる。たしかにネットではやたら「90歳による人生訓」って言われてる。なんでこんなことになったのかは不明。
  
というわけで90歳の人のものではなかったけど、個人的には自分の生活を考えたり振り返るきっかけになる内容だった。


2013/07/22

お誕生日おめでとう

俺、47歳。人生の2/3は終わった。残り1/3頑張ろう!

2013/07/20

風立ちぬ

本日、宮崎駿監督の最新作映画「風立ちぬ」を拝見してきました。公開初日の朝一の上映に駆け付けるのが、ジブリファンとしての作品に対するささやかですが、敬意の表れだと思い通例とさせていただいております。DVD発売の折りには予約させていただいて、何度も繰り返し拝見させていただきます。スタジオジブリの皆様、並びに関係者の皆様、素晴らしい作品を、本当にありがとうございました。心から感謝致します。

2013/07/17

熟練した職人さんは毎日違うことをしている


熟練した職人さんは毎日違うことをしている


どのようなことであっても不慣れなことをやる際にはエラーが発生するものです。その原因は、不慣れなことは状況を理解するだけでも多くの労力を費やすことになり一杯一杯になりやすいからです。そんな不慣れな状況も繰り返すことで徐々にエラーは少なくなってきます。慣れることで要不要を見分ける力がついてくれば緩急をつけて適正に処理できるようになり、熟練してくれば別のパターンにも応用することができるようにもなるのです。つまり、成長は基本的に繰り返しにより得られるものなのですしかしながら、世の中には少し繰り返すだけで成長する人と何度繰り返しても成長しない人がいます。彼らの違いは何なのでしょうか。

少し繰り返すだけで成長する人と何度繰り返しても成長しない人

☆少し繰り返すだけで成長する人
  • 1 何でも興味を持つ
  • 2 自分から取り組む
  • 3 失敗を認め、教訓を引き出す
  • 4 教訓からエラーを予防する策を実行する
  • 5 今までを活かして新しい未来を語る。  
★何度繰り返しても成長しない人
  • 1 何にも興味を持たない
  • 2 自分からは取り組まない
  • 3 失敗を認めず、失敗を無かったことにする
  • 4 エラーは予防しない、というよりできない
  • 5 今までに固執して古い過去を賛美する。 

誰のために成長するのか

成長しない人は単調な毎日に不平不満を述べる一方で、批判的で何も受け入れず、同じ事を繰り返します。そんな単調な毎日を変えるためには、現状は受け入れ改善するために何ができるかを考えなければ変えられるはずもありません。変えることができるのは、今よりも成長した自分しかいないことは誰よりも自分自身が分かっているはずです。成長を拒むことは自らの未来を放棄しているのと同じです。同じ毎日を繰り返しているだけでは能力に進展はありません。当然、環境が改善されていくことなどありえません。成長しない人は、時間が経つにつれて相対的に劣化していきます。何もしない人が何もできない人になるのは当たり前です。

職人さんは日々成長している

工場の“職人”さんは一見すると同じことを繰り返しているように見えます。しかしながら、彼らは同じことを繰り返す機械ではできないことをやってのけます。目や手を駆使した工夫は、決められたことしかできない機械には絶対に真似ることがでません。豊富な経験と知恵の蓄積から生み出される柔軟性のある技は、使う人の身になった想像力から作られています。過去からの価値を引継ぎ、少しずつ時代のオーダーを受け、今に咲かせるように編集していくブランドは日々成長する職人さんにより支えられているのです。信頼に足るブランドは、信頼とは高いレベルで同じことを繰り返せる力で計られます。そして、そのブランドは日々進化しつづけているのです。
繰り返し同じ話をする人は、自分が経験していないことを、いつまでも理解しない
ゲーテ

2013/07/05

労働

一、働くことは恥と知れ。

先土器時代、人間は働きづめでした。それでも食事は不足していました。文明の発展の究極形は、誰も働かなくてもメシが食えるという世界にこそあります。労働は親不知のようなもの。やがて進化の中で消えていく過去の遺物です。アクセクみんなが働く社会は「遅れてるなぁ」と恥ずべき社会です。働くことは美徳でも何でもありません。進化の遅れを示す現象です。まずそれを自覚しましょう。

二、「働きたくない」を隠すな、責めるな。

「働きたくない」という感情こそ、労働市場を健全化する鍵。やりたくないけど我慢して働く。やりたくないけど努力する。それが不当に過酷な労働環境を生みます。それを蹴散らすくらいの札束でほっぺたを引っ叩かれるまで、決してやってはいけません。そして、働きたくないという感情を責めてはいけません。「働きたくない」は罪ではないのです。できることなら働きたくないのは、当たり前の話です。

三、「できない」のは雇用側のせい、恥じるな。

目的を達成するための適切な方法と、それに向かって邁進するモチベーションを用意するのは雇用側の仕事です。交通費は支給されて当然と思っているのに、「やる気」「方法」はコッチ持ちなんておかしくないですか。「できない」のは労働者の責任ではない。「最初からできる」ヤツを見極められなかった、「できないヤツをできるようにする」ことが出来なかった雇用側の失着です。

四、自分の代わりのロボットの値段を意識しろ。

「そんな仕事は誰でも出来るんだ!」と言われたことはありますか?でもそれって本当でしょうか。もしこの仕事をロボットにやらせたらいくらかかるか考えてみましょう。そして「1億円くらいかな?」と予想したら「1億円くれるまで働かね」と思いましょう。「10万円くらいかな?」と思ったら「そんな値段のロボットも買えないのか…ということは俺を雇いつづけるしかないわけだな。よし、もっと金くれ」と思いましょう。ロボットが出来る仕事で、ロボットを買う金があるなら、とっくにそうしているはずです。ロボットにとって代わられていないなら、その仕事は重要かつ困難な仕事です。安心して金を要求しましょう。

五、働きすぎるヤツは迷惑である。

安く働くヤツ、長く働くヤツは、労働力の不当廉売です。「頑張ってるなぁ」とか「えらいなぁ」とボンヤリ見ていてはいけません。「お前が働くと迷惑だ」と何度も何度も言ってやりましょう。サービス残業などと呼べば「そいつだけ困ってる」感で本質がボケます。これからは「労働力のダンピング」と呼び、自分がこうむる迷惑を意識しましょう。

六、会社とは金の分配機構であると知れ。

会社とは「金を集める」ための仕組みではありません。会社とは「金を集めて、配る」ための仕組みです。先土器時代で言えば、村の衆が仕留めた獲物を一旦預かった長老のような存在です。ちゃんと配らず長老の家の倉庫に入れてどうするんだと。儲かった分をすべて吐き出すのが正しいあり方ですので、内部留保だの投資だのと言っている連中は基本的に泥棒だと考えましょう。

七、毎日「金くれ」と忘れずに言え。

挨拶もできんのか!なんて怒る人がいますが、僕らが会社でもっとも大きな声で言わなくてはいけないことは「金くれ」です。「おはようございます」なんて言ってる場合ではありません。何をするのも「金くれ」「くれるの?」「じゃあやってもいい」という意識を持ちましょう。出社と同時に「金くれ」。退社のときは「振り込み忘れるなよ」。アポの時間より大事な確認です。

八、会社の悪口を言うのは労働者の義務。

その会社がいかに腐っているかを誰よりも知っているのは内部の人間です。一般に「会社の悪口」と言われることは、ほとんどの場合「軽微な内部告発」です。それは社会正義です。むしろ隠避することこそ罪です。重大な犯罪に限らず、おかしなことをしている場合はどんどん内部告発をしていきましょう。

九、英語は覚えるな。

日本は奇跡の閉鎖社会です。日本語以外は通じないと思って間違いありません。この奇跡を守り抜かなくては。まさにガラパゴス。競争の中に放り込まれたら死んでしまうレベルのか弱い生物が生きていけるのは、閉鎖社会だからです。日本社会からかっぱごうとする連中は、それを壊すために英語を公用語にしたがっています。英語が公用語になれば、全世界から日本市場に安価な労働力を輸入できるからです。断固拒否です。どうしても日本で働きたければ、日本でしか通じない日本語を覚えるくらいのリスクは負ってもらいましょう。これは労働市場を保護する関税のようなものです。

十、よき労働者となるな、よき消費者となれ。

みんなが働いてばかりいたら、誰がその労働が生んだ価値を享受するのでしょうか。忙しくてメシも食えないとか、忙しくて遊びにも行けないとか、アホなことは迷惑だからやめましょう。「ほしいものがあるから、しかたなくはたらく」「べつにはたらきたくなんかない」「かねだけくれ」という大原則を忘れず、最小限の労働で、最大限の消費をしていきましょう。例えば選挙で投票するとき、ヘンな候補に投票すると恥ずかしいですよね。経済活動においては金こそが一票です。あなたの投じた金が、どんな企業を社会の中心に据えるか決めるのです。僅かな価格差で、消費者の誇りを失ってはいけません。