2013/03/30

知多半島ツーリング





今日は岡崎の先輩に誘われて知多半島までツーリングに行ってきました。僕は昼食は摂らないという自ら課した掟を破り、師崎の一馬屋さんでチョーまいう~な穴子と海老のミックス天丼を食べて、オシャレなカフェ、ノアノアさんでモンブランケーキとコーヒーをいただいてきました。今夜の夕食は抜きってことで決定ですなぁ!しかし、あーホントに楽しかった。また懲りずに誘っていただけると嬉しい限りでございますぅ!!\(^o^)/

2013/03/29

豊橋国立医療センター

昨日、豊橋国立医療センターへ行ってきた。目的はお見舞いだ。午前中の10時30分頃に豊橋医療センターの駐車場にクルマを停めていた。すると、駐車場でアディダスの黒色の上下のスウェットを着て、マスクとイヤホンをして、両手で松葉杖を突きながら歩いてる男性がいた。「ん?もしかして・・・。」男性に近寄って声をかけた。「〇〇さん?」「あーこんにちは、お久しぶりです」「ひょっとしてリハビリの最中ですか?」「そうなんですよ、あと10分ぐらいで洗濯物が乾燥機から上がるんで、その間だけ、ちょっと・・・。」
その後、病室の側にある訪問客用の談話スペースに移動して、彼の入院生活や怪我の具合を聞いた。昨日の様子では思ったよりも元気そうで、とにかく俺は少し安心した。
一刻もはやく怪我が良くなって、彼の体が元通りに戻ってくれることを心の底から願わずにはいられなかった。

お見舞いの手土産に、日持ちするスナック菓子とエロ本2冊を手渡してきた。彼がエロ本を読んでくれると嬉しいな・・・!なぜならコンビニで、どのエロ本がいちばん面白そうなのか?って俺は20分ぐらいさんざん悩んだ末に決めたものだったからだ。ちなみにエロ本の名前は「漫画ローレンス」です。

2013/03/27

01'XLH883







ビキニカウルを外した。フロントフェンダーのチェッカーストライプのステッカーを剥がした。
タンクのステッカーも剥がそうかと思ったけれど、残してみた・・・どうなんだろうか?
あくまで、ダサカッコイイのではなくて、狙いはダサい!って感じなので無いほうが良いのかな?
とにかく、ガンバってダサくしなくては・・・。

2013/03/25

これはパクリでもオマージュでもない。サンプリングだ。




元ネタ http://nelomachine.tumblr.com/post/24948144472

若い男性の性的目線と、オッサンの性的目線の違い

職場20代男性とオッサンを見ている20代女性として、両者の違いを考えてみた。

元ネタ: http://anond.hatelabo.jp/20130323173316

オッサンは、格好よく見られることを投げている

若い男性ほどかっこつけだ。
  • 仕事についての知識や経験が上回っていることをアピールしてくる
  • プレゼンなど、目立つ仕事ですごく張り切る
  • 女性社員が「こういう男性が好き」と言うと、すかさず「それ俺もやるよ!」アピール
クラス対抗リレーで張り切る男子小学生と、ノリはあまり変わらない。
積極的にモテようとしてない男性でも、
  • 女性社員から「キモイ」と思われるのがとても怖い
  • 目立つ仕事では、ダサいところを見せたくないというプレッシャーが数十倍かかる
こんな形で人目を気にしている。
これを気にしなくなるのがオッサン。
若い女性社員に気持ち悪いことを言って「キモイ!」と思われても平気。
「ゲェーッ」という顔をされても、何らかの感情的なレスポンスが得られただけでニヤニヤできる。
「カッコイイ俺」や「キモくもウザくもない僕」でいたいという、
男子小学生の頃からの思いを完全に失ってしまったとき、オッサンになるのだと思う。

オッサンは、女を独占しようと思っていない

モテたがっている若い男性は、「俺を見てくれ!」と思っている。
オッサンはそうじゃない。オッサンは、若い女を観察して楽しんでいるだけ。
若手の美人社員に彼氏が居ることがわかったら、若い男性はちょっとショックを受ける。
オッサンはショックを受けず、美人社員とその彼氏がどんなセックスをしているかに興味を持つ。
その美人が自分のものにならなくても平気というか、自分のものにするのが面倒になっている。
でも美人を性的に消費するのは楽しいので、彼氏とのセックスはどうなんだ?という興味になる。
「お高くとまった美人も、プライベートでイヤらしい時間を過ごしているんだ」と考えるだけで嬉しい。
独占することには興味がなくなる、それがオッサンだと思う。
そしてオッサンは、「俺とセックスしよう」はセクハラだけど、
「彼氏とどんなセックスしてるんだ?」はセクハラにあたらないと考えていることが多い。

2013/03/23

自分の感受性くらい


ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか
苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし
初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった
駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
茨木のり子・感動の詩

ゲリラ


「勝てそうにないときは、逃げていい。それは負けじゃない」

「日本軍はね、退却するのは恥だと思ってた。それで局所的な戦いで力を出し尽くして、勝った勝ったなんて喜んでた」
「ところがアメリカはどうだ、さっさと退却して作戦を練り直して、もっと効果的なところで打って出た」
「逃げていいんだよ。そして勝てそうなときに出ていくんだ」
「つまりゲリラね」
逃げていいんだ、つまりゲリラね、という言葉を今もよく思い出して、その意味を考える。
退却しながら弾を打ったりするのは弾のムダだ。背中を見せたら撃たれるなんて思い込むことはない。上手く逃げるんだ。
上手く逃げて、とにかく生き延びる。そして勝てそうなときに出て行く。人生は長い。




はてこはだいたい家にいる


2013/03/21

出会い

きょう、思いもかけない場所で、思いもかけない出会いがあった。詳細は後日ゆっくり書きます。

2013/03/17

劣等感と優越感

優越感が強すぎると、他者を劣っていると見下す行動や発言をする。平たくいえば「人をバカにする心理」、この逆が、人よりも劣っていると思うコンプレックスだが、劣等感と優越感は表裏一体なのです。


こうした、心理的は、脳内の神経伝達物質ドーパミンと脳の活動ネットワークに影響されていることが、知られています。

人間の脳には自分を過大評価するメカニズムが備わっているのですが..、その「暴走」を制御する機能が低いとメデタイ人になり、制御が強いと抑うつ傾向になります。

そして..人に対して優しい気持ちを抱いているときは、自分に対しても優しい気持ちで接している傾向がありますが、
逆に、人に対してネガティブな気持ちを抱いているときは、自分自身に対してもネガティブな気持ちを抱いている傾向が強く、

ほとんどの場合、誰かに対して抱いている気持ちや取っている行動というのは、実は、自分自身に対する気持ちや行動の無意識の表れでもあるのです。

現実とのギャップが広がっていくという傾向大きいのです。

人をバカにしているつもりが、
...じつは自分のバカさ加減も露呈しているという心理の表れだと、言われているのは、このためなのです..


Kazuya Honda




2013/03/13

YouTubeの悲劇

僕のYouTubeのアカウントが永久停止になった。予告も無しのいきなりの暴挙。僕がアップロードした動画の全削減。著作権の侵害、仏の涙も三度まで、って事らしい。最悪だ!アカウントの復活は絶対に有りえないらしい。残念無念!

2013/03/12

孤独

孤独じゃない人なんて、つまらないじゃない。by 鈴木 杏 on Twitter 孤独だから、楽しいことをやりたいの。孤独だから、家族や友達を大切にするの。だね!


2013/03/10

イマイアキノブさんとOverload65さん

イマイアキノブさんとOverload65さんのコラボTーシャツ、お気に入りです!@イオン志都呂

スシロー

スシローに行った昨夜のこと、スシローでアン肝が流れてきたので、かなりビックリしました。スシローはヤルねぇ~♪っと思いながら、パクっとな。そこはやはりスシローで、それなりのお味でございました。親子4人で行って、たらふく食べて3千5百円也。安いよねぇ~!(●´ω`●)

2013/03/06

不安







日々暮らす中で...
将来のことがふと不安になることや...、
今取り組んでることに、もし、うまくいかなかったらと怖れたりしてませんか?

実は...

「不安」や「恐れ」は、基本的にはあなたの「過去に経験」からやってくるのです....

今、「目の前の出来事」に反応して、一瞬のうちに「過去のイヤな出来事」が蘇ってるのです。

..無意識に.「きっと、またあのときと同じような思いをするのではないだろうか...」と反応してるのです.....これが、「不安」の正体なのです。

人は、過去の記憶で、「不安」におびえているのです。

ですから、周りから見て、あなたの過去を知らない人は、「そんなことないよ」とか「そんなの思い込みだよ」と言っても..
本人には、その「不安」つまり、あなたの過去の亡霊にとらわれているのですから....辛くなるのです。
自分で自分に鎖につながれてるのです。

過去に周りから言われた..不本意な言葉が....あなたの心の杭となっているのです、しかも、その状態が「抜けない」のでなく「抜きたくない」状態に「慣れ」てしまってるのかもしれません。

たとえば..新しい車にキズがついて、へこんでしまって時は、腹が立ちますが..しかし、そのまま、1ヶ月修理しないままにしておき、そのキズ、へこんだところを何度も見てるうちに、おそらく、あなたはその車を売るか交換するしないかぎり、へこんでキズついたところを直そうとしなくなるでしょう.

へこみのある車という現状のイメージに「慣れ」てしまい。
モチベーションが低下してしまったからです。

ネイティブの感情も慣れてしまうと...ポジティブになかなかなれないののです、心の病も同じです。

あなたは今の状態を嫌いながらも、慣れてしまったのです。(ホメオスタンスの法則)
そのために、「不安状態」「不快感を感じてる状態」が、あなたの個性の一部に食い込まれてるのかもしれません。