2011/12/27

REMEMBER YOU




Remember you すべて忘れたとしても

Remember you 君を憶えているよ

僕の目が耳が口が胸が どうやっても君から離れない


Remember you すべて無くしたとしても

Remember you 僕は憶えているよ

僕の目を耳を口を胸を そうさ今も忘れられないのさ


Hey Hey Hey すべては変わってしまった

Hey Hey Hey すべては消えてしまった

この手の中には もう何もない

空っぽの空が ただ笑ってるだけ


Remember you 今は何も見えないよ

Remember you 何も聞こえはしないよ

君の目に耳に口に胸に どうやっても二度と届かない


Hey Hey Hey すべては変わってしまった

Hey Hey Hey すべては消えてしまった

この手の中には もう何もない

空っぽの空が ただ笑ってるだけ


Remember you すべて忘れてしまった

Remember you だけど憶えているよ

君の目が耳が口が胸が どうやっても僕から離れない

どうやっても僕から離れない


    

         作詞:忌野清志郎・三宅伸治
         作曲:忌野清志郎・三宅伸治



なんでだろう?清志郎さんの歌声を聞くと、僕の目に涙が溢れてくる。これはとても不思議だ。







2011/12/26

Peter Ferdinand Drucker

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、

もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、

もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、

起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、

無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。

- P.F.ドラッカー 享年95歳-



経営学の権威、マネジメントを作った男と称され、著書も多く世界中で長く読まれている

ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)が亡くなる95歳の時に書いた詩。

no meaning



HIRO DIARY

リメイク、カスタムってのが大好きです。















restorationhardware

このトランクの机は、とても素敵だと思います。





























バット・モービル。日本ではバットマン・カーって呼ばれてました。

幼稚園の頃に大好きで、このミニカーを2つ持ってました。


















Three Cubes Colliding from Jimandtonic on Vimeo.




このイス、テーブル すごく好き。