2011/09/30

ボブ祭り

Bobといえば・・・Bob Dylan

僕は、ビデオテープからDVDへダビングする作業がわりと好きなんです。

昨日は、時間があったから、

ボブ・ディランのThe 30th Anniversary Concert Celebration(30周年祝賀記念コンサート?)を

ダビングしたついでに、YouTubeにUPしてみました。ちなみに、日本語翻訳テロップ付きです。

It's Alright, Ma



My Back Pages



Knockin' on Heaven's Door



The Times They Are A-Changin'





ボブ・ディランが影響をうけたアーティスト

トピック「ボブ・ディラン」のまとめ11件









むかし あんたは いい服を着て
若かった時 乞食に銭をほおってやったね
皆言ってた「気をつけろ!落ちるぞ!」と
でも みんなでからかってるだけだ と思っていたろう
よく笑いものにしたね
うろついてる奴等を
いま あんたは大声でしゃべらない
いま あんたは自慢もしない
次の食事をどうやってごまかすかについて

どんな気がする
どんな気がする
家がないことは?
ぜんぜん知られぬことは
転がる石のようなことは

一流の学校へ行っていたね ミス・ロンリー
でも知っていたろう ただしぼられるためだったんだ
だれも宿無しの生き方なんぞ 教えてはくれず
いま あんたはそれに慣れなければならない
妥協は嫌だと言っていたね
訳の分からんフーテンなんかと
でも いまはわかるだろう
フーテンだってアリバイを売ってるわけじゃない
そいつの真空の瞳をのぞいて
聞いてごらん 取り引きしたいかい?と

どんな気がする
どんな気がする
一人ぼっちで
帰り道のないことは
ぜんぜん知られぬ
転がる石のようなことは

振り向いて見もしなかったね
手品師や道化役のしかめっつらを
彼らがやって来て おかしがらせたときに
わからなかったんだろう けしからんことに
他の人間に代わりにやらせていたことが
よくピカピカの馬に乗っていたね 外交官と
肩にシャムネコをのっけていた挨拶
つらくないかい わかったときに
あいつはぜんぜん分かっちゃいなかったんだ と
ただ あんたから 取れるだけとって行ってしまたんだ と

どんな気がする
どんな気がする
一人ぼっちで
帰り道のないことは
ぜんぜん知られぬ
転がる石のようなことは

塔の上のお姫様と 綺麗な人たちは
飲んでいた 思っていた うまくいったと
あらゆる種類の贈物を交換しているが
あんたは そのダイヤの指輪をはずし
「質屋に入れたほうがよさそうだ」
よく面白がってたね
ボロをまとったナポレオンと彼の使った言葉を
さぁ彼のところへ行くんだ 呼んでるぜ
嫌とは言えないはずだ
何にも無いときは 何にも失うものがないのだから
あんたはいま透明だ あんたは秘密が無く 隠す必要もない

どんな気がする
どんな気がする
一人ぼっちで
帰り道のないことは
ぜんぜん知られぬ
転がる石のようなことは

  対訳:片桐ユズル



Bob Dylan - Like a Rolling Stone (Live 1966)








彼の歌は流れる雲の如しその時々に姿形を変えて、

あらゆる時代を切り裂き、時には突き刺す刃となってきた。

刃によって出来た傷口からは、普遍的な真実だけがこぼれ落ちてくる。

それ故に、

留まることを知らない放浪の道を往くあらゆる世代の者たちへのレクイエムとなってきた。

それは100年先でも変わらないであろうと言われている。そう、いつまでも残る本物だ。

僕は ボブ・ディランが大好きだ。   
                       MomiyamaSS





ディランはお皿も回しちゃうんだね・・・スクラッチが得意とか?

2011/09/27

秋の風を感じて・・・

LIMPE IVEN



HOT ROD



THE LOCAL HERO




The Memphis:group leader Mr Imoto


Takebou




友人がよくサーフィンの話をしてくれる。

絶え間なく打ち寄よせる波が、すぐ近くで呼んでいる地域に住んでいるのに・・・

いったい僕は、今まで何をやってたんだろう?

朝日が昇り始める前の紫の空の下、太陽が照りつけ澄み渡る青空の下、

そして、黄金色に染まる夕空の下。

大海原に遊んでもらうんだ。 波を待つ気分ってのは、どんな感じなんだろう?

海と仲良くなったら、波は何を教えてくれるんだろう?












Man About Town





最近、フランス、パリにもう一度訪れたいと思うんだ。

35歳の時、一人でパリに行ったんだ。

パックツアーじゃなく、完全なプライベートのぶらり旅。

一週間、パリ中を歩きまわったんだ。

片言の英語とジェスチャーでの、怖いもの知らずのコミュニケーション。

大型トランクいっぱいに買い物をして、なんとか無事に帰ってこれた。

なんだかとっても、あの頃の自分が妙に懐かしい・・・

うん・・・秋だからかな?

The Seventh Movement


Paris Vol. 5 from The Seventh Movement on Vimeo.

2011/09/26

物欲の秋

物欲の秋

これちょっと欲しいかな・・・


KINEKT









Price:$165 素材がステンレスってこともあり、嬉しいお手頃な価格ですね!





さぁ・・・秋と言えばオートバイのツーリングが楽しい季節です。

現在、僕が所有するオートバイは、

ホンダ シルクロード250(1981年製)、カワサキKLX220(1994年製) 

そして スズキ チョイノリ(2003年製)です。

次はHarley-Davidsonを頑張って購入したいもんですな~。(^^♪

っで、こんなスタイルも案外好きです。アリかも?

Wrenchmonkees












しかし、ハーレーを所有するならば・・・

僕の中では、仙台のサムズさんの鈴木修社長所有?の

1939 U SIDEVALVE (雑誌 Lightning Vol.17 THE HARLEY BOOK 074P に掲載)




これが、めちゃめちゃ僕のツボにはまっていまして、カスタムするならこの雰囲気をパクるぞ!

と、心に強く決めておる次第でございます。

オートバイはとても楽しい乗り物です。しかし・・・

コケないオートバイはたぶん?ありません! 

オートバイ乗りの方々、どうか、ご自分の大切な命を粗末にしないで下さい!

2011/09/23

情動の涙

嬉しいとき、悲しいとき、感動したとき、そして他人に同情したとき、

人は涙を流します。

私たちは何気なく泣いてますが、

これは生物学的にみると、人間にしかできないとてもすごいことなのです。

          (東邦大学医学部教授 有田秀穂先生の言葉より引用)










この動画を是非、必ず最後まで見て欲しい。




自分の抑えきれない感情の発露。



今こそ、ウソでも建前でも、ヤラセ(演出)、何でもいいから、

人と人とが直接触れ合って関わらなければならない時だと思う。

そして、共感しよう。

笑顔で語りあおう。

手を取り合って踊ろう。

僕らを救うことができるのはそれだけだ!

(インターネット、携帯電話に自分のお守りをさせすぎたようだ。)

2011/09/21

Typhoon


 
写真の左側に鎮座している長髪で眼鏡の人物

関 丑之助 明治33年生(西暦1900年) 享年百一歳(平成13年7月16日歿)

母方の祖父。

僕のおじいさんの若かりし頃のフォトグラフィーです。

101歳まで生きる事ができるDNAを持って生まれた我が爺様。

俺にもそのDNAが遺伝していておくれ!っと思う今日この頃です。




HOLSTEE








人として誕生して、はたして101年もの年月は長いのか短いのか?

我が爺様にとっての101年なんていう年月は、@いう間だったのかも知れない。

ただ、己で人生の価値を見出さんとする者は、

「人生は短い」という事を本能で認識しているのかも知れない。

無限の可能性に、人は無条件に恐怖を感じて脳のリミッターを働かせてしまう。

人生は短い、だからこそビビらないで生きて行こう。

2011/09/19

秋だね・・・

2002年に購入したパソコンの調子がどうにもいかんもんだから、

ついに新しいパソコンを購入した。

何故だか、使い慣れて多少の愛着もあるパソコンが、少し寂しがってる様にも見えてくる。

今まで本当にありがとう・・・






しかし、秋だね。

秋と言えばこの映画


レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い

僕の大好きな映画です。

カナダの美しい自然の風景に魅せられます。